asset store なぜなにアセット!

なぜなにアセット!(Modern Procedural UI Kit)

unity asset storeって英語だらけで何書いてあるんだか分かりづらいですよね?

これはセール中の人気アセットはどんなことができるのか?ということをいっしょに学んでみようという企画です!

とりあえずgoogle翻訳で翻訳してざっくりどんなアセットかをいっしょに考えましょう!

今回ご紹介するアセットは

 

Modern Procedural UI Kit

 

 

最新のプロシージャルUIキットはUnityUGUIの究極のUIソリューションであり、スプライトアセットなしで、カスタマイズ可能な形状とグラデーションなしでUIを構築するための無限の可能性を提供します。

フォーラム|ウェブサイト|ドキュメント| CHANGELOG

[ベータリリース]:MPUIkitは活発に開発中です

特徴

形状とその特性
▪6つの異なる形状モード(円、三角形、長方形、五角形、六角形、N-星型ポリゴン)
▪任意の太さの塗りつぶし、ストローク、アウトライン
▪アンチエイリアシングとシャドウ効果のためのエッジフォールオフ
▪塗りつぶしモード(水平、垂直、放射状)

色とグラデーション
▪色とスプライトを図形の上に重ねることができます
▪また、グラデーション(線形、放射状、コーナー)

アニメーションとカスタマイズ
▪Unityアニメーションとタイムライン
▪トゥイーンとスクリプティング

互換性
▪すべてのレンダーパイプラインをサポート
▪すべてのタイプのキャンバスをサポートします
▪UnityマスクとUIレイアウトで動作します
▪スタンドアロンおよびモバイルプラットフォームで動作します

パフォーマンス
▪GPUベースの形状生成(SDF)
▪基本的なUnityイメージと比較して余分なCPUオーバーヘッドはありません
▪形状は単純なクワッドに描画されます(最小頂点数)
▪共有素材を使用して複数の画像をグループ化することにより、Drawcallを最適化します

その他
▪デモシーンとドキュメントが含まれています
▪十分に文書化されたC#コード
▪使いやすいエディターとすっきりとしたスクリプトAPIを備えた直感的なワークフロー
▪既存の画像をMPImageに簡単に変換
▪包括的なサポート

制限事項
▪スライスされたタイル状のスプライトはまだサポートされていません。
▪現在、破線のアウトライン/ストロークは使用できません。

 

モダンなGUIセットみたいですね!

-asset store, なぜなにアセット!

© 2020 自作ゲームの世界を広げることで技術力を高める企画サイト Powered by AFFINGER5