asset store なぜなにアセット!

なぜなにアセット!(Magic Light Probes)

unity asset storeって英語だらけで何書いてあるんだか分かりづらいですよね?

これは人気のアセットはどんなことができるのか?ということをいっしょに学んでみようという企画です!

とりあえずgoogle翻訳で翻訳してざっくりどんなアセットかをいっしょに考えましょう!

今回ご紹介するアセットは

 

Magic Light Probes

 

Unity ライトプローブはあらゆるシーンで重要な部分です。混合モードおよびベイクモードの光源からダイナミックオブジェクトへの直接光、間接光および反射光の透過を提供します。シーンでのダイナミックオブジェクトの照明の精度は、ライトプローブが正しく配置されているかどうかに大きく依存します。

Magic Light Probes はライトプローブを自動モードで可能な限り迅速かつ正確に配置できるように設計されたエディター拡張機能です。

ツールの主な目的 - 影の境界線、テクスチャーの色の急激な変化、明るい場所から薄暗い場所への移行、ジオメトリのコーナーと交差、ジオメトリのエッジ、棚、切れ目、鋭い下り、両側のジオメトリ(壁、床からの漏れを防ぐため) と天井)の必要な場所にプローブを正確に自動的にインストールすることです。さらに、ボリューム全体を均一に充填するモードと特に難しいケースでの垂直方向の複製がサポートされています。

このツールは次のことを保証します。
- 複雑であるかに関わらず、凸面または凹面であろうと、プローブがジオメトリの内部に配置されることはありません。これは非常に重要なことで、なぜなら単純な複製によってプローブを手動で配置する最も単純なケースであっても、ジオメトリ内でプローブに遭遇することは避けられないからです。
- 高精度で形状のコーナーと交点にライトプローブが設置されます。原則としてコーナーでは光強度が低いため、ダイナミックオブジェクトがそのような場所に近づいたときに適切にライティングするには、そこにプローブを設置する必要があります。
- 設定に応じて、システムは最も対照的な場所にプローブを配置しようとします(エラーは除外されません)。ほとんどの場合はかなり高速であることが保証されています。

メールとフォーラムに加え、Discord チャネルが利用可能であり、ご質問への回答をリアルタイムで受け取ることができます。

機能:
- 更新を自動的に確認します
- ワークフローの選択
シンプル(迅速かつ簡単);高度(低速で正確)
- 計算後のボリュームパラメータを迅速に編集:
* 同等ボリュームの充填(GPU
* ライティングなしのボリュームの充填(GPU
* 色のしきい値
- 一部の計算パスの GPU アクセラレーション
- マネージャーの「ライト」タブの光源が、タイプとモードでソートされるようになりました
- 計算されたボリュームの一部のパラメータをリアルタイムで迅速に編集する機能(現在のバージョンでは、「色のしきい値」のみです)
- エディターウィンドウがフォーカスされていなくても、計算を実行できるようになりました
- HDRP 光源のサポート
- 手動モードにおけるプローブのインストール(「MLP Combined Volume」コンポーネントのオプション「Set Custom Probes」)- 大きなボリュームを小さなボリュームに自動分割
- 同等のカラーネイバーを持つプローブを削除
- 形状の端にプローブを自動設置
- Bakery GPU Lightmapper の統合(すべての種類のライトをサポート)
- ボリュームの組み合わせ後のプローブの最適化
- ジオメトリ衝突のカリング
- コーナーとジオメトリ交差の正確な検索
- マルチスレッド
- 地形のサポート
- シーンを別々のボリュームに分割する機能
- 最低限の基本設定にて「すぐに」動作します
- すべての静的オブジェクトを自動検索することで計算時にコライダーを追加します
- メインフォルダーを任意のプロジェクトディレクトリに配置する機能
- ボリューム計算ステップのデバッグ

フォーラム - Magic Light Probes
Discord サーバー
Magic Light Probes マニュアル(英語)
更新サーバー(アセットストア名と請求書番号によってアクセスします)

 

リアルな光の強弱をつけることによりいつものダンジョンがまったく異なったダンジョンになるかもしれないアセットですね!

-asset store, なぜなにアセット!

© 2021 自作ゲームの世界を広げることで技術力を高める企画サイト Powered by AFFINGER5