asset store なぜなにアセット!

なぜなにアセット!(3D WebView for Windows and macOS)

unity asset storeって英語だらけで何書いてあるんだか分かりづらいですよね?

これはセール中の人気アセットはどんなことができるのか?ということをいっしょに学んでみようという企画です!

とりあえずgoogle翻訳で翻訳してざっくりどんなアセットかをいっしょに考えましょう!

今回ご紹介するアセットは

 

3D WebView for Windows and macOS

 


Vuplex VR / ARブラウザーと同じコードを使用して、WindowsおよびmacOSで3DのWebコンテンツを簡単にレンダリングおよび操作できます。完全なドキュメントについては、開発者サイトを参照してください。

🌐URLまたはHTML文字列からウェブページを読み込む

📺ビデオとYouTubeを見る(MP4を含む)

⚡️WebViewPrefabとCanvasWebViewPrefabの使用をすばやく開始します。これらは、Texture2Dに自動的にレンダリングされ、ユーザーの操作(クリック、スクロール、ホバー、ドラッグ)を処理します。

⌨️付属のオンスクリーンキーボードで入力します

•Android、iOS、Windows、macOS、およびUWP / Hololens間でシームレスに機能する統合APIのC#ソースコード

•Chromium(現在はv81)を搭載

•キーボードとマウスのイベントのディスパッチ、サイズ変更、ズーム、スクロール、およびプログラムによる前後への移動

•現在のページのコンテキストでJavaScriptを実行します

•JavaScriptからC#に、またはその逆にメッセージを送信します。

•TitleChanged、UrlChanged、PageLoadFailedなどのブラウザイベントをリッスンします

•PDFを表示

•ワールドスペースとキャンバスの両方をサポートします

•追加のChromium固有のAPIも含まれています

•透明なページをサポートします

•次のデモシーンが含まれています。
◦SimpleWebViewDemo
◦CanvasWebViewDemo
◦AdvancedWebViewDemo

システム要求

•D3D11グラフィックスを搭載したWindows8(x64、x86)

•メタルグラフィックスを搭載したmacOS10.10(x64)

•Unity5.6(バージョン2017.3〜2018.1は、Unityのバグのため、Windowsではサポートされていません)

重要な注意事項

•AndroidおよびiOS用の3DWebViewを個別に、またはバンドルとして購入することもできます。

•3DWebViewのネイティブWindowsおよびmacOSプラグインは、プリコンパイルされたライブラリとして提供されており、それらのネイティブソースコードは提供されていません。

•主にVuplexCommercial LibraryLicenseの下でライセンスされています。ネイティブのWindowsおよびmacOSプラグインはChromiumEmbedded Frameworkを組み込んでいるため、デスクトップアプリのaboutページまたはクレジットに含まれているBSDスタイルのライセンスのコピーを表示する必要があります。

•MP4およびストリーミング用のH.264ビデオコーデックはデフォルトで無効になっていますが、有効にすることができます。

•MacAppStoreのビルドはサポートされていません。

•質問がある場合は私に連絡してください!

 

アプリ上でウェブをみることをできるようにするアセットみたいですね!

 

-asset store, なぜなにアセット!

© 2021 自作ゲームの世界を広げることで技術力を高める企画サイト Powered by AFFINGER5