なぜなにアセット!

なぜなにアセット! Amplify Shader Editor

unity asset storeって英語だらけで何書いてあるんだか分かりづらいですよね?

これはセール中の人気アセットはどんなことができるのか?ということをいっしょに学んでみようという企画です!

とりあえずgoogle翻訳で翻訳してざっくりどんなアセットかをいっしょに考えましょう!

今回ご紹介するアセットは

Amplify Shader Editor

 

 

 

組み込みのレンダラー、HD、URP、および軽量SRPのサポート

重要! Break ToComponentsノードの名前がSplitに変更されました
新着!バイキュービック事前計算/サンプル
新着!手順サンプル
新着!プレーンクリップ
新着! HDRPベクトル変位サンプル
新着! URPおよびHDRPのテッセレーションオプション
新着! URPの半透明性と透過性のオプション
新着!新しい開始画面ウィンドウ
新着!簡単なグラフ共有とキャンバスのスクリーンショットボタン
新着! SRPパッケージの自動インポーター
新着! Unity2019との互換性
新着!後処理スタックシェーダーのサポート
新着! UnityプラグインのSubstanceと互換性があります
新着!カスタムレンダリングテクスチャのサポート
新着! HD、URP、軽量SRPの両方のサポート
新着!テンプレートのマルチパス
新着! Xbox One / PS4 /スイッチのサポート
新着!地形サポート
新着!シェーダーテンプレート
•ユニバーサルPBR /消灯SRP
•ユニバーサル2D点灯/消灯SRP
•HD点灯/消灯/ヘア/ファブリック/デカールSRP
•軽量PBR /消灯SRP
•カスタムRT初期化/更新
•後処理スタックを含む後処理効果
•アルファブレンド粒子
•スプライト
•点灯/消灯
•消灯ライトマップ
•UI

新しいツール
•後処理スタックツール

新しいサンプル
•プレーンクリップ
•HDRPベクトル変位
•スケールに依存しないタイル
•RaphaelErnaelstenによるボリュームピクセル化
•SRPHDオムニデカール
•モザイク効果
•ライトマップで消灯

新しいテンプレート
•ユニバーサルPBR /消灯
•HD点灯/消灯/ヘア/ファブリック
•後処理スタック
•消灯ライトマップ

新しいノード
•逆射影行列
•逆ビュー射影行列
•HDエミッション
•ボロノイ
•グラデーション
•グラデーションサンプル

新しいシェーダー機能
•バイキュービックプリコンピュート
•バイキュービックサンプル
•手順サンプル
•@ saismirkによる深度マスク屈折
•逆レルプ
•ランダム範囲
•SRP追加ライト
•フロー
•クルクル回す
•高さから通常
•ノイズ正弦波
•のこぎり波
• 方形波
•三角波
•チェッカーボード
•楕円

最新の改善
•新しいユニバーサルレンダリングパイプライン専用のテンプレートを追加しました
•UnityのHDRPシェーダーインスペクターと互換性のある新しいHDLitテンプレートを追加しました
•無限ループの検出が高速になり、大きなグラフでノードを接続する際のヒットが減少しました。
•ノードプレビューレンダリングの更新動作の改善
•ノード検索を改善するために作成された新しいタグシステム
•スクリーンショットボタンを押すだけで、キャンバス全体のスクリーンショットを撮ることができます
•[共有]ボタンを使用して、グラフの選択した部分を簡単に共有します
•特定のシェーダーからPPSレンダラーと設定を使用してcsスクリプトを生成する新しい後処理スタックツールを追加しました。
•AmplifyShader Editorは、v7.2.xまでのテンプレートを介して、HD、軽量、ユニバーサルRPの両方をサポートします。
•レガシーHDおよび軽量SRPv3.x.x / v4.x.x / v5.x.xテンプレートも、レガシーパッケージを介して提供されます。
•カスタムRTテンプレートを介したUnity2017以降でのカスタムレンダーテクスチャの使用のサポート。
•Substancesは、UnityプラグインのSubstanceを介して、Unity2018以降のASEキャンバスでも使用できるようになりました。
•Unity2018.2以降で8つのUVチャンネルにアクセスできるようになりました。
•キーボードの方向キーを使用して、ASEキャンバスカメラをパンおよびズームできます。
•HDPBRSRPテンプレートへのマテリアルタイプのサポート。
•軽量PBRSRPテンプレートへのスペキュラーワークフローのサポート。
•カスタムオプションをテンプレートに直接追加できるようになりました。

詳細:ウィキの増幅
ここで議論する:Unityフォーラムスレッド
シェーダーサンプル:全リスト

エディターは今後のアップデートで引き続き改善され、現在開発中の機能は他にもたくさんあります。

注目すべき機能
•完全なソースコード
•XboxOne / PS4 /スイッチのサポート
•カスタムノードAPI
•シェーダーテンプレート
•シェーダー機能
•マルチウィンドウのサポート
•直感的で使い慣れたノードインターフェイス
•広範なノードライブラリ
•インスタンス化サポート
•ユーザー提供のノードとシェーダー
•増え続けるサンプルコレクション

Amplify Shader Editor(ASE)は、業界をリードするソフトウェアに触発されたノードベースのシェーダー作成ツールです。オープンで緊密に統合されたソリューションであり、UnityのUI規則やシェーダーの使用とシームレスに融合する使い慣れた一貫性のある開発環境を提供します。 Amplify Creationsに期待できる応答性の高いカスタマーサポートによる、手頃な品質と柔軟性。

直感的でUXに重点を置いたワークスペースは、使い慣れた、クリーンで柔軟です。ドッキングするか、2台目のモニターで使用すると、レイアウト要件に合わせて準備されます。

MINIMALISTICツールバーとメニューは、大きな煩わしいノードやメニューなしでワークスペース領域を最大化するように最適化されています。ノードまたは新しいシェーダーの作成は、プロジェクトエクスプローラーウィンドウで新しいUnityマテリアルを作成するのと同じくらい直感的です。

ノード、改善、バグ修正、サードパーティサポートなどの顧客の貢献を受け入れます。私たちは、既存のアート制作パイプラインに簡単に適応できる堅牢で柔軟なツールを提供することを目指しています。

柔軟なシェーダー作成オプション。カスタムライティングやSRPHD / URP / LWシェーダーなど、さまざまなビルトインを生成します。プロダクションの技術仕様に適応しながら、創造性を解き放つのに役立つカスタムシェーダーテンプレートシステムが含まれています。

概要ビデオをご覧ください
詳細については、製品ページをご覧ください
ガイド:ASEマニュアル

変更を加え、あなたが切望するプロのツールを使用してください。私たちの製品は開発されています

業界の専門家によって運営されており、当社のサポートチームは、クライアントが抱える可能性のある問題を解決するために、常に一歩先を進んでいます。

ご連絡ください。あなたのストーリーを聞き、あなたの作品の宣伝と特集をお手伝いします。

 

色んなことができるようになるシェーダーみたいですね!どんどんアップデートされているみたいなので今後どうなるか楽しみですね!

 

-なぜなにアセット!

© 2020 自作ゲームの世界を広げることで技術力を高める企画サイト Powered by AFFINGER5