asset store なぜなにアセット!

なぜなにアセット!(MicroSplat - Mesh Workflow (Beta))

unity asset storeって英語だらけで何書いてあるんだか分かりづらいですよね?

これはセール中の人気アセットはどんなことができるのか?ということをいっしょに学んでみようという企画です!

とりあえずgoogle翻訳で翻訳してざっくりどんなアセットかをいっしょに考えましょう!

今回ご紹介するアセットは

 

MicroSplat - Mesh Workflow (Beta)

 

 

MicroSplatのメッシュワークフローモジュールは、MicroSplatフレームワークにいくつかの新機能を追加します。
追加された機能:
-Unityテレインとテレインメッシュだけでなく、任意のメッシュを操作する機能
-スプラットマップコントロールテクスチャに裏打ちされた、メッシュ上に最大32のテクスチャをペイントするシェーダーを生成できます
-(新規)頂点ペイントベースのワークフロー。最大28のテクスチャをサポートし、テクスチャに裏打ちされたワークフローですべての機能を共有します。 (HDRPのサポートが予定されており、他のパイプラインはすべて機能します)
-シェーダーを生成して既存のマテリアルを処理できるため、現在のカスタムシェーダーを使用したままにして、スプラットマップをペイントするか、標準のシェーダーと同様の通常のテクスチャスロットを備えたスタンドアロンシェーダーとして使用できます。
-メッシュにペイントするためのGPUベースのペインターが含まれているため、テクスチャベースのブラシでペイントしたり、独自のブラシテクスチャを追加したりすることもできます。
-頂点ベースのワークフローには、頂点ベースのペインターも含まれています
-結果を標準のテクスチャセットに簡単にベイク処理します
-ほとんどのmicrosplat機能とモジュールが利用可能です(例外についてはドキュメントを参照してください。すべてのモジュールドキュメントは、無料でダウンロードできるMicroSplatメインモジュールに含まれています)
-テクスチャバックモードで、0〜1の範囲外のサブメッシュとUVを正しく処理します。
-メインテクスチャリングのチャネルを使用してRuntimeProcedural Texturingモジュールで手続き型テクスチャリングを実行するなど、メッシュモードで使用するための一部のモジュールで利用可能な追加機能
-テクスチャに裏打ちされたワークフローで使用可能なテッセレーションモジュールを使用して、亀裂のない変位をサポートする変位減衰マップのペイント
-SRPアダプタモジュールがインストールされている場合のLWRP / URP / HDRPのサポート。

MicroSplatフレームワークをインストールする必要があります。

 

建物に苔とか生やしたりすることのできるアセットみたいですね!

-asset store, なぜなにアセット!

© 2021 自作ゲームの世界を広げることで技術力を高める企画サイト Powered by AFFINGER5