asset store なぜなにアセット!

なぜなにアセット!(MudBun: Volumetric VFX Mesh Tool)

unity asset storeって英語だらけで何書いてあるんだか分かりづらいですよね?

これはセール中の人気アセットはどんなことができるのか?ということをいっしょに学んでみようという企画です!

とりあえずgoogle翻訳で翻訳してざっくりどんなアセットかをいっしょに考えましょう!

今回ご紹介するアセットは

MudBun: Volumetric VFX Mesh Tool

 

 

バージョン1.0がリリースされると、低価格は終了します。

オンラインリソース:
-アニメーションの詳細。
-マニュアルから基本を学びます。
-Discordに関するディスカッションに参加します。

MudBunは、リアルタイムのボリュームVFXメッシュツールです。形状、歪み、表面の修正を定義する「ブラシ」からメッシュを手続き的に生成します。 MudBunは、迅速なボリュームモデリングにも使用でき、便利な自動リギング機能を提供します。自動リグを含むロックされたメッシュは、Unityの公式FBXエクスポーターパッケージを使用してエクスポートできます。

さまざまなスタイルと特性で利用できるさまざまなレンダリングとメッシュモードがあります。サポートされているメッシュモードには、マーチングキューブ(バランス)、デュアルクワッド(高速で定型化)、サーフェスネット(デュアルクワッドとの間でブレンド可能)、およびデュアルコンターリング(低速、シャープな機能の維持に優れ、デュアルクワッドとの間でブレンド可能)が含まれます。 )。

MudBunを使用すると、有機的に見えるメッシュを作成できます。これにより、有機的な弾力性のある効果を生成するためのツールであるBoingKitとの優れた組み合わせになります。

MudBunはカスタマイズ可能です。ユーザーはフレームワークを拡張して、カスタムブラシ形状、ディストーションブラシ、モディファイアブラシ、およびシェーダーを作成できます。自動リギング機能のカスタムリギングロジックを定義することもできます。

特別なデータ表現を使用して、MudBunは、一般的なゲーム設定内で作業するときに、ユーザーが有限ボクセルグリッドの制約について心配することから解放します。

機能(アニメーション付きの詳細):
-体積メッシュの生成とモデリング。
-組み込みのVFXとプリミティブブラシ。
-ディストーション&モディファイアブラシ。
-ユーザー定義のカスタムブラシ。
-ブラシグループ。
-レンダリングモード:スムーズメッシュ、フラットメッシュ、サークルスプラット、クワッドスプラット。
-メッシュモード:マーチングキューブ、デュアル-クワッド、サーフェスネット、デュアルコンター。
-動的ボクセル密度。
-メッシュコライダーの生成。
-メッシュロックと自動リギング。
-メッシュの自動スムージング。
-デュアルコンターのための滑らかなコーナー。
-サポートされているレンダリングパイプライン:組み込みのRP、URP、HDRP、およびカスタムRP。
-カスタムAmplifyShaderEditorノード。
-ボーダレスボクセルスペース。
-GPUメモリバジェットと自動調整。

互換性:
-Unity2019.3以降。
-Direct3D 11/12、Metal、Vulkan、OpenGL 4.3、最新のコンソールなど、計算シェーダーをサポートするグラフィックAPIを備えたプラットフォーム。 (注:現在、Windowsは、アクティブなサポート、メンテナンス、およびテストを備えた唯一のプラットフォームです)
-ノイズ機能はインラインサンプラーの状態に依存します。これは、Unity for Direct3D 11/12、Metal、および最新のコンソールでのみ公式にサポートされています。一部のVulcanデバイスは、ノイズ機能を正常に実行しているようですが、VulcanはUnityにリストされていません。
-MudBunは計算シェーダーを使用するため、専用GPUを備えたプラットフォームをターゲットにすることを強くお勧めします。 MudBunを編集時にのみ使用して、実行時にエクスポートまたはロックするメッシュを構築しない限り、GPUが統合されたプラットフォームをターゲットにすることはお勧めしません。
-ターゲットプラットフォームでMudBunがどのように実行されるかわからない場合は、最初に試用版を試してください。

制限:
-モバイルデバイスは一般にデスクトップよりもハードウェアが弱く、MudBunの実行には適していない可能性があります。まず、対象のデバイスで試用版を試すことをお勧めします。
-Metalシェーダーコンパイラのいくつかの問題により、ソリッドブラシの「CountAs Bone」フラグが尊重されず、Metalプラットフォームでの自動リギング中にすべてのブラシがボーンとしてカウントされます。
--MetalのGPUフェンスに関するUnityの実装が異なるため、MudBunは、複数のレンダラーが存在する場合、Metalプラットフォームにより多くのGPUメモリを割り当てることで特定の問題を回避する必要があります。
-スケーリングブラシは、ユーザーが通常期待するように機能しない場合があります。符号付き距離フィールドの性質により、不均一にスケーリングされた形状に対する一般的な解決策はありません。一部の特殊なケースでは、場合によっては近似によって、不均一なスケーリングが発生する可能性があります。ブラシのローカルスケールは通常、一般的なスケールとしては使用されませんが、形状固有のパラメータとして解釈されます。たとえば、ローカルスケールは、ボックスブラシの実際のスケールとして使用されますが、球ブラシの近似値として使用され、円柱ブラシとトーラスブラシの高さや半径などのさまざまな寸法として解釈されます。

アップグレードに関する注意:
古いバージョンのMudBunからアップグレードする場合は、新しいパッケージから再インポートする前に、MudBunフォルダー全体を削除してください。ファイル構造が変更されている可能性があり、既存のパッケージの上に新しいパッケージを直接再インポートすると、予期しない問題が発生する可能性があります。

 

ポップな感じなパーティクル、エフェクト集みたいですね!

-asset store, なぜなにアセット!

© 2020 自作ゲームの世界を広げることで技術力を高める企画サイト Powered by AFFINGER5