なぜなにアセット!

なぜなにアセット! MK Toon - Stylized Shader

unity asset storeって英語だらけで何書いてあるんだか分かりづらいですよね?

これはセール中の人気アセットはどんなことができるのか?ということをいっしょに学んでみようという企画です!

とりあえずgoogle翻訳で翻訳してざっくりどんなアセットかをいっしょに考えましょう!

今回ご紹介するアセットは

 

MK Toon - Stylized Shader

 

 

MK Toonは、アーティストフレンドリーで機能豊富な定型化されたシェーダーであり、非常にカスタマイズされた非写実的ビジュアルを実現できます。シェーダーは、物理ベースの入力に従って、ローカルのアンチエイリアス処理および定型化された出力を作成します。このシェーダーは、ビルトイン、ライトウェイト、およびユニバーサルレンダーパイプラインと互換性があります。パッケージには、標準シェーダーとパーティクルシェーダーのバリエーションが含まれています。

デモ:Windows
開発をフォローする:Trello

様式化されたレンダリングに加えて、シェーダーは、ライトモデルを変更するだけで、拡張された標準シェーダーとして使用できます。シェーダーはフォールバックも自動的に処理し、ほぼすべてのプラットフォームで高い安定性を実現します。セットアップに基づいて、シェーダーは未使用のシェーダーコードを取り除き、最大限のパフォーマンスを保証します。使いやすいアダプティブワークフローを提供するために、カスタムマテリアルエディターはアーティスト向けに調整されています。すべての機能を互いに組み合わせて、新しい独自のスタイルを作成できます。

⚡付属ツール⚡
インストールウィザード:スクリプト可能なレンダリングパイプラインでも高速セットアップ。
メッシュユーティリティ:より良いアウトラインを実現するために、法線を平滑化した新しいメッシュを作成します。
ランプクリエーター:設定されたグラデーションに基づいて1Dランプテクスチャを作成できます。
Texture Channel Packer:4つの入力に基づいて新しいテクスチャを作成できます。このようにして、異なるテクスチャの異なるカラーチャンネルを新しいものに組み合わせることができます。
Material Upgrader:組み込みのレンダーパイプラインを使用して作成されたMKToonマテリアルをLWRPまたはURPにアップグレードできます。

⚡機能⚡
物理ベースのプロパティ:アーティストは、物理ベースのメタリック、スペキュラー、またはラフネスのワークフローを維持できます。物理ベースの入力=>定型化された出力。
照明スタイル:ビルトイン、セル、バンド、ランプの各モードを使用して、照明を完全にカスタマイズできます。
芸術的:照明をさらにスタイリングするために、描画、スケッチ、孵化の3つの芸術的モードを利用できます。それらはすべて、接線空間またはスクリーン空間でオブジェクトに投影できます。
法線マッピング:様式化された照明にシームレスに統合された法線マッピング。
視差マッピング:近似視差マッピングを使用して、法線マッピングを強化できます。
鏡面反射:等方性および異方性鏡面反射が可能です。
拡散:ランバート(デフォルト)、オーレンネイヤー(表面の粗さと視野角を考慮)、ミナート(照明は視野角に基づいていくつかの暗い手足を追加します。ファブリックなどに適しています)拡散シェーディングを使用できます。
オクルージョン:直接および間接の光オクルージョンを制御するための双方向オクルージョン。
放出:すべての材料は放出可能です。
詳細:詳細マップは、混合、加法、または乗算の動作を使用して、アルベド入力の上に詳細レイヤーを追加できます。詳細な法線も可能です。
グーチ:照明条件に基づいて特定の色の間を補間することにより、オブジェクトの明るい領域と暗い領域を完全に制御します。
リム:リムライティングはフレネル効果に基づいています。マテリアルの外側の領域が強調表示されます。
虹色:表面の上に虹色効果を追加します。視野角に基づいて、領域の色が徐々に変化します。
カラーグレーディング:コントラスト、彩度、明るさの適用方法を制御します。
溶解:指定されたパターンに基づいて表面を溶解します。
頂点アニメーション:頂点アニメーションは、シェーダー側で計算される3つの一般的なアニメーションを提供します(追加のセットアップは必要ありません)。
光の透過:光はオブジェクトを通過し、オブジェクトがどのように通過するか(地下または半透明)を定義します。
パーティクル:デフォルトのジオメトリのようにパーティクルをカスタマイズします。
ステンシル:完全に制御可能なステンシルバッファ。
屈折:サーフェスの背後にあるジオメトリの屈折した外観を作成します。
アウトライン:ピクセルの完全性に向けて調整された3つのアウトラインモードに基づいています。均一で不均一な輪郭が可能です。
スタッター:頂点アニメーションと芸術的機能は、スタッターして再描画された効果をシミュレートできます。
カスタムエディター:各機能を組み合わせて独自のスタイルを作成するためにアーティスト向けに調整された使いやすいインスペクター。
XR:VRおよびAR互換。
頂点の色:アルベドマップが設定されていない場合、頂点の色が自動的に使用されます。

⚡例⚡
観客:100以上の様式化された材料。
アウトライン:さまざまな形状を使用したアウトラインオブジェクト。
魔女ラボ:定型化された環境。
フライングアイルズ:10のバリエーション芸術的:芸術的な様式化されたオブジェクト

見せたいクールなものはありますか?
シェーダーを使用して結果(高解像度のスクリーンショット/ビデオ)を確認したいと思います。メッセージを送ってください。

質問、バグレポート、機能リクエスト、フィードバック:
support@michaelkremmel.deからお気軽にご連絡ください。

 

アニメ調とかいろいろなものでできるシェーダーみたいですね!

 

-なぜなにアセット!

© 2020 自作ゲームの世界を広げることで技術力を高める企画サイト Powered by AFFINGER5