AI博物館

王国のドラゴン像

 

こうすることで、仕上がりがとても滑らかになります。

(回転工具をお持ちでない方、または適切な工具をお持ちでない方が回転工具を使用する場合は、ナイフを使用することをお勧めします。回転工具でもう一度全工程をやろうとは思わないでください)。

私は大きな頭を持っている回転ツールを使用して、大規模でこの手順を実行します。

例えば、ハンドルの端に40〜60度の角度を持つ10″回転工具を使用します。

もし、もっと大きなサイズで印刷するのであれば、もう少し大きくして、ハンドルの部分をカットすることも可能かもしれません。

それはあなた次第です。

さて、すべてのパーツを切り分けたので、それらを接着していきます。

最初に瞬間接着剤を使うことをお勧めします。

各パーツを大きい方のパーツに接着していきます。

注意したいのは、パーツが乾燥すると、接着剤が硬化して縮んでしまうことです。

しかし、パーツがバラバラにならないようにするためには、パーツが乾いてから接着剤を塗るようにしたい。

(もし、接着剤がまだ湿っている状態でバラバラになり始めたら、再度接着剤を塗る必要があるかもしれません)。

接着剤が乾いたら、接着したパーツの縁を切り落とします。

私はハサミで縁を切り落としたいです。

ここで、回転工具を使うとよいかもしれません。

もし回転工具を使わないのであれば、縁を切り落とすことを心配する必要はないでしょう。

以前、ABSでこの作業をしたことがありますが、その時と同じような作業です。

しかし、PLAを使用しているのであれば、回転工具を使用したほうがいいかもしれません。

(ポリエステルフィラメントを使用している場合は、エッジを切り落とす必要があります)。

エッジを切り落としたら、乾燥させるために置いておきます。

あとは、24時間乾燥させるだけです。

こうすることで、接着剤が硬化して収縮するようになります。

今、あなたが大きなサイズでこれを印刷していた場合、それはこの少しを大きくして、サイズにハンドルをカットすることが可能かもしれません。

この場合、側面は必ず乾燥させてから、持ち手の部分をカットしてください。

-AI博物館

© 2022 自作ゲームの世界を広げることで技術力を高める企画サイト Powered by AFFINGER5