asset store なぜなにアセット!

なぜなにアセット!(AR Foundation Editor Remote)

unity asset storeって英語だらけで何書いてあるんだか分かりづらいですよね?

これはセール中の人気アセットはどんなことができるのか?ということをいっしょに学んでみようという企画です!

とりあえずgoogle翻訳で翻訳してざっくりどんなアセットかをいっしょに考えましょう!

今回ご紹介するアセットは

AR Foundation Editor Remote

 

⌛開発には高速イテレーションが不可欠です。 Unity Editorは現在ARのモックとテストをサポートしていないため、小さな変更を加えた後は新しいビルドを作成する必要があります。また、小規模なプロジェクトの場合でも、ビルドには非常に時間がかかります。
今、あなたは解決策を持っています!

AR Foundation Editor Remoteは、ARデバイスからUnityEditorにARデータを送信できるようにするエディター拡張機能です。エディターでARプロジェクトをテストしてください!

⚡機能⚡

•エディターで実際のARデバイスの動作を正確に複製します。
•すべてのARFoundationプラットフォームをサポートします。 ARKitとARCoreで広範囲にテストされています。
•プラグアンドプレイ:追加のシーン設定は必要ありません。ARデバイスでARコンパニオンを実行してエディターでARシーンを実行するだけです。
AR FoundationSamplesリポジトリで広範囲にテストされています。これらのシーンはエディターで100%サポートされています:AllPointCloudPoints、ARKitFaceBlendShapes、Check Support、ClassificationMeshes、EyeLasers、EyePoses、FaceMesh、FacePose、FeatheredPlanes、FixationPoint、ImageTracking、Interaction、LightEstimation、NormalMeshes、OcclusionMeshes、PlaneClassification、PlaneOcclusion、 TogglePlaneDetection。
•マルチタッチ入力リモーティング:エディターでマルチタッチ入力をテストするか、マウスでタッチをシミュレートします(制限事項を参照)。
•サードパーティのライブラリやネイティブコードを含まない純粋なC#で記述されています。本番環境でパフォーマンスのオーバーヘッドを追加しません。完全なソースコードが利用可能です。

⚡サポートされているARサブシステム⚡

•メッシュ(ARMeshManager):物理環境メッシュの生成、ARKitメッシュ分類のサポート。
•顔の追跡:顔のメッシュ、顔のポーズ、目の追跡、ARKitBlendshapes。
•平面追跡:水平面と垂直面の検出、境界頂点、レイキャストのサポート。
•画像追跡:実行時の可変画像ライブラリと画像ライブラリの置き換えをサポートします(Androidの制限を参照)。
•深度追跡(ARPointCloudManager):機能ポイント、レイキャストのサポート。
•カメラサブシステム:カメラの背景ビデオ(制限を参照)、カメラの位置と回転、向きを選択します。
•アンカー(ARAnchorsManager):アンカーを追加/削除し、平面とフィーチャポイントにアンカーをアタッチします。
•セッションサブシステム:一時停止/再開、追跡状態の受信、追跡モードの設定。
•光の推定:平均光強度、明るさ、および色温度。主な光の方向、色、および強度。露出時間とオフセット;周囲球面調和関数。
•レイキャストサブシステム:検出された平面とクラウドポイントに対するレイキャスト(制限を参照)。

💡要件💡

•Unity> = 2019.2(Unityのベータ版はサポートされていません)。
•ARデバイス(ARKitをサポートするiPhone、ARCoreをサポートするAndroidなど)。
•ARデバイスとUnityエディターは同じWi-Fiネットワーク上にある必要があります(有線接続はiOS + macOSでサポートされています)。
•マシンにgitがインストールされている。パッケージマネージャー-> gitURLからパッケージを追加して任意のgitパッケージをインストールできることを確認してください。たとえば、このリポジトリ。
•ARFoundation> = 3.0.1。

💡プラグインワークフロー💡

1. Assets / Plugins / ARFoundationRemoteInstaller /DOCUMENTATION.txtにあるドキュメントをお読みください。
2.ARデバイスでARCompanionアプリをビルドして実行します。
3.プラグインの設定にARCompanionアプリのIPを入力します。
4.変更のたびに新しいビルドを作成することなく、エディターでARプロジェクトをテストおよびデバッグします(ARCompanionアプリで最近の変更は表示されません。ARCompanionはARデータを送信し、エディターにタッチバックするためにのみ使用されます)。
5.プロジェクトを本番環境にリリースする前に、必ず実際のARデバイスでテストしてください。

👉制限👈

•エディターのカメラの背景:
-デフォルトのビデオ設定は、解像度200x400で15fpsです。プラグインの設定で解像度を変更できますが、これにより待ち時間が長くなり、fpsが低くなります。
-iOSデバイス+ macOSエディター:「メタルエディターサポート」が有効になっている場合、ビデオシェーダーは100%サポートされます。独自のビデオシェーダーを作成して、エディターで直接テストできます。
-iOSデバイス+ Windowsエディター:サポートされていません。
-Windows Editor 2019.2:サポートされていません。
-Android:Unity EditorはAndroidビデオシェーダーをサポートしていないため、プラグインはカスタムシェーダーを使用します。 Editorでカメラビデオが表示されますが、Editorでカスタムビデオシェーダーをテストすることはできません。
-ARCameraManager.TryAcquireLatestCpuImage()はエディターではサポートされていません。別の方法として、Graphics.Blit()を使用して、エディターでカメラ素材から読み取ることができます。

•Raycastサブシステム:ARRaycastManagerは、ARPlaneManager.Raycast()およびARPointCloudManager.Raycast()の上に実装されます。シーンにARPlaneManagerを追加して、検出された飛行機に対してレイキャストし、ARPointCloudManagerを追加して、検出されたクラウドポイントに対してレイキャストしてください。

•Unity2019.2でのタッチ入力のリモート処理とシミュレーション:
-UnityEngine.Inputを使用するすべてのスクリプトの上にこの行を追加してください:using Input = ARFoundationRemote.Input;
-UIシステムはタッチイベントに応答しません。マウスを使用して、エディターでUIをテストしてください。

•Androidでの画像追跡:
-プラグインはエディターから参照画像を送信し、ScheduleAddImageJob()を使用して実行時にARデバイスに追加します。 iOSではすべてが完全に正常に機能しますが、Androidでの追跡は、遅延が発生します。 ARCoreのバグのようですが、将来修正されることを願っています。

 

AR開発の役に立つツールアセットみたいですね!

 

-asset store, なぜなにアセット!

© 2021 自作ゲームの世界を広げることで技術力を高める企画サイト Powered by AFFINGER5